吉田愛選手・吉岡美帆選手が日本人女子選手初の金メダル!

August 10, 2018

 

 

デンマーク・オーフスで行われたセーリングワールドチャンピオンシップで、470級女子の吉田愛・吉岡美帆(ベネッセホールディングス)組が 女子で日本人初の金メダルを獲得しました! 世界チャンピオンの誕生です!

 

 

 

同じく470級男子の磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)・高柳彬(日本経済大学)組が総合2位になり、銀メダルを獲得しました。

男女で同時にメダルを獲得したのも初めての快挙です。

今回の大会は開催国枠で出場が決まっている日本を除き、2020年東京オリンピック競技大会セーリング競技における国枠を争う初めてのレースとなり、オリンピック出場を目指す多くの選手が参加しており、非常にレベルの高い大会でのメダル獲得になります。

 

おめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

6/19付で、公益財団法人日本スポーツ協会より、第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体」は今年秋には開催せず延期する旨が発表されました。


内容につきましては、日本スポーツ協会の下記お知らせをご覧ください。

  第75回国民体育大会および第20回全国障害者スポーツ大会の開催について

それに伴い、神奈...

国体候補選手選考会(2020年度)延期のお知らせ

June 28, 2020

1/9
Please reload

The latest article