福井しあわせ元気国体2018 神奈川県天皇杯3位入賞

「福井しあわせ元気国体2018」セーリング競技が9月30日から10月3日まで若狭和田マリーナ沖で盛大に開催されました。 神奈川県代表チームは全種目(成年男女6艇種8名、少年男女4艇種6名)にエントリー。選手14名、監督・コーチ・トレーナー5名の合計19名の選手団で挑みました。 セーリング競技は競技以外にも事前準備(受付・計測、海面調査)に時間がかかります。私たち神奈川県チームは9月日に艇積みを行い25日に移動、26日から計測準備・海上練習といった日程で国体に備えました。今年度は定期的な練習会を行った他に、新艇(※レーザー級)の購入も行いハード面の充実を図りました。9月初旬の台風21号の余波で江ノ島に強風が吹き荒れ、SS級が艇破損するトラブルもありましたが、大会直前に修理が完了し、出来うる準備を進めた状態でレースに臨みました。 ですが、大型台風となった台風24号が大会期間中に福井県に接近することになり、台風対策による道具の撤収、原状回復の作業の他、トライアルレース、開会式、初日のレースがキャンセルされた代わりに、2日目以降のレース日程が圧縮されるなど、日程の大きな変更を余儀なくされました。レース前の2日間は練習ができませんでしたが、トレーニングに勤しむ、宿でルールの勉強会、レーステクニックのミーティングを夜遅くまで行うなど、各自レースに入るための準備に勤しみました。 今大会、神奈川県チームはチーム目標として「天皇杯総合3位」を掲げ、個人としてだけでなくチームとしての成果と雰囲気作りを意識しました。少ないレース数での決着が予想されたため、「横文字を叩かない」「1点でも多くのポイント

ジュニア・ユースセーラー合同集中練習のご案内

神奈川県セーリング連盟では、ジュニア・ユースセーラーのための、合同集中練習を次のとおり実施しますので、ご案内します。 1. 主催 神奈川県セーリング連盟 2. 協力 神奈川県ユースヨットクラブ、藤沢市ヨット協会、藤沢市青少年セーリングクラブ 3. 目的 関東近郊のジュニア・ユースでの合同練習を行ない、競技力の向上並びに優秀選手づくりを行う。 4. 種目 (1) OP ク ラス 中上級 (2) OP ク ラス 初級 (3) レーザー4.7 クラス (4) レーザーラジアルクラス (5) 420 クラス 5. 実施日時 年間 7 回予定 (1) 2018 年 10 月 20 日(土)~10 月 21 日(日) (2) 2018 年 11 月 10 日(土)~11 月 11 日(日) (3) 2019 年 1 月 19 日(土) (4) 2019 年 2 月 16 日(土)(OP 冬風ヨットレース前日) (5) 2019 年 3 月 2 日(土) 6. 場所 江の島ヨットハーバー 沖合 A 海面又は B1海面 7. 内容 (1) 練習コースを設定し、コース練習の機会を創出する。 ① 海上での選手指導は、参加クラブ等で個別コーチを行う (2) 主催者の用意 ① 練習コースを設定する、コース練習の指揮をとる ② 海上運営に必要な機材、運営艇を用意する。 (3) 参加クラブの負担 ① 選手とコーチの参加 ② コ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square